RECOMMEND
オリエンタ
オリエンタ (JUGEMレビュー »)
ドス・オリエンタレス
RECOMMEND
RECOMMEND
ドス・オリエンタレス(紙ジャケット仕様)
ドス・オリエンタレス(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ウーゴ・ファトルーソ&ヤヒロトモヒロ
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ヤヒロトモヒロBlog

ヤヒロのLIVE Sceduleやコメントを中心に活動状況をお知らせ致します。
ヤヒロトモヒロより年頭のご挨拶
0
    皆様
    明けましておめでとうございます。

    正月の三日間実家で親戚と雑談しながら過ごしたのだが、
    皆に『トモちゃんは海外でコンサートしているのね〜凄いわね〜etc....』と
    話かけられた。
    実は自分、海外の名所高いコンサート・ホールであろうと
    日本の何処か寂びれたライブハウスであろうと場所等まったく気にしない、
    と言うか気に出来ない短所があると新年早々気がついた。

    照れくさくて『私、ヨーロッパへ年間3回はライヴ・ツアーを行っています』等、
    口に出せないのでは無く『演奏出来るならば何処でもオーケーです』という
    かなり大雑把な演奏家としての生き方を今迄続けて来たのです。
    正直に言えば、海外へ行くため10時間以上飛行機で移動する、
    飛行場で毎回ボディーチェックを受けて靴を脱がされベルトも外す等、
    面倒な事が多くて毎回行く前にため息を吐いております。
    今更この性格は変える事は出来ないのは悟っている、しかし、
    今年のテーマは自分なりに一生懸命考えた上!!人々は何を
    このパーカッショニストに望んでいるのだろう?、という
    相手側の立場から少しは考える事に努力する。

    確かにガイア・クアトロのヨーロッパでの人気上昇は有り難く
    今年もヨーロッパ&南米ツアーが組まれている、
    松本サイトウ・キネンでも今年も演奏が出来て中国(北京、上海)でも
    行われる事が決まっている、しかし私が海外でもっとも活動して来た
    『これらの音楽』はここ東京近郊では全然盛り上がっていない気がする、
    何故か??を自分なりに考えたのだが、東京の人々が好むサービススピリットが
    かなり欠けているのでは??と思ったのです。

    『音楽で人へ夢をあたえたい』等、絶対に口に出せない実行不可!
    (書いただけで背中がモゾモゾしている。。)、
    しかし世の中には人の音で夢を描く方々もいるのだな〜〜と感心した。
    少しは聞き手の事も意識しましょう、はいっ!

    音の世界は広い。。

    何だか訳の分からん文章ですが、とにかく明るい一年にしましょう!

    皆様、宜しくお願いいたします。

    賀正 2011年  

    ヤヒロトモヒロ

    | ヤヒロ | 12:39 | - | - | - | - |
    ヤヒロトモヒロより新年のご挨拶
    0
      皆様〜〜〜!明けましておめでとうございます。

      元旦に、去年の目標達成率を見直してみたのですが。。。
      興業収入的には兎も角(笑)、
      具体的な音楽活動としては96%実行済みとあって、自分でも感心しました。
      これも、ひとえに我々が企画する音に興味を持っていただいている皆様と、
      ツアー制作にご協力いただいているスタッフのおかげです。
      心から感謝いたします。ありがとうございます。

      有り難い事に、去年は各プロジェクト終了の都度、
      達成感も喜びも後悔も感じる余裕がない程一心不乱に演奏活動が出来ました。
      ふっとゆっくり過ごしている今、去年を振り返ると「俺は何をしてきたのだろう?」と
      思うぐらいに記憶がありません。
      「反省ぐらいしたら?」という心の声に耳を塞ぎつつ、
      すでに今年の目標に向かって動き始めました。

      さて、その目標はというと、「とことんリズム・ルーツを追求する事」です。
      去年の締めくくりセッションはギネア人マルチプレイヤーのエピゾとでした。
      そして、初セッションも彼とのコラボレーションで始まります。
      ン〜〜〜何かある予感ですね〜(笑)。

      個人的な意見ですが、アフリカのリズムを身に付ければ付ける程、
      音楽的アイディアが豊かになっていきます。
      やはり自然に長い時間を掛けて作られて来たアフリカのリズムは理にかなっています。
      すべてに意味があるのです。

      勿論、今年も自主制作活動のガイア・クアトロ、グラストン・ガリッサ、
      ドス・オリエンターレスの国内ツアーも行います。
      今年のガイア・クアトロは3月中旬にヨーロッパツアー、4月下旬〜5月中旬国内ツアー、
      11月にヨーロッパと念願の南米ツアーが組まれる予定です。
      3作目のCD作品も、春には発売されると思います。
      (バンド自主制作のためかなりアバウト。。)

      新しい活動としては、ワールドミュージックをフィールドとする歌手・松田美緒さんの
      新ユニットに参加します。
      メンバーはヴォーカル:松田美緒、ギター:鬼怒無月、ベース&パーカッション;佐野篤。 
      すでに気分はウキウキです。
      いずれかこのメンバーにサックスの梅津和時さんとキーボード&他色々で
      清水一登さんも参加していただく予定です。
      1月にライヴを2本行います。是非いらしてね!!

      世の中は引き続き不況のようですが、私は景気が悪い時の方が
      元気がでるタイプのミュージシャンだと思っています。
      今年も出来る限りのライヴをこなして、我が道を進みます。

      皆様も元気で明るい年になる事を、心からお祈りします。
      どうぞ宜しくお願い致します。

      2010年1月3日 

      八尋知洋
      ---------------
      | ヤヒロ | 18:10 | - | - | - | - |
      ヤヒロより:5月6月
      0
        あっという間に半年が過ぎてしまいましたね、早すぎる。。
        さて、無事にタイロン橋本さんとの北海道ツアーと
        中村善郎さんとの東北ツアーも終了し、今年前半の締めくくりに
        エフエム青森特別企画番組太宰治生誕100年記念 朗読ラジオ劇「走れメロス」
        <6/21(日)19:00〜20:00放送>の収録もかなり最高級の出来上がりに仕上がり、
        やっと東京へ戻ってまいりました。
        今月のライヴ情報です:
        6月には鬼竹みゆきさんとの2本のライヴ(10,23)、
        高円寺でアボ・セッション(16,17)有り、
        青山や宮城南郷町でタイロンさんとのデュオライヴ(20,27)、
        月末には自由が丘でギターの佐藤誠さんのバンドに参加します。
        詳細はWebsiteかBlogでチェックしてくださいね。

        まだ先ですが9月20日放送予定のNHK-FM The SESSION 2009に
        中村善郎さんとフルートの城戸夕果さんと出演するライヴ収録も11日に
        予定しています。
        来月はまたガイア・クアトロでイタリアツアー&レコーディングです。
        新曲のリズムアレンジがまだ決まっていない、、
        さ〜〜作業にとりかかります。
        では、また〜〜
        追伸:今月のワークショップは、13日と14日に福野町で行い、
        28日には楽器紹介をまじえたソロ演奏を仙台で行います。
        是非、一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います。
        八尋知洋


        | ヤヒロ | 10:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ヤヒロより:GAIA CUATROツアー
        0
          ちょうど一カ月の滞在となった今回のガイア・ヨーロッパツアー、
          何もかもあっという間に過ぎてしまいました。
          ツアーは相変わらず、、終わってみれば楽しかったです。

          2月23日に成田を出発してミラノ・マルペンサ空港から30分ぐらい
          北上した小さな町Angeraに住むカルロス宅へ直行。
          ヨーロッパ用の私の楽器一式をカルロス宅に預けてあるので、ライヴ開始(2/27)にむけ、
          24日&25日は一日中楽器のチューニングをしておりました。ちなみに25日の夜は、ミラノ・ブルーノートにPaolo Fresu & Nguyen Le デュオ・ライヴに招待され、楽しんで参りました。
          最高!!でした。

          2月26日、一日かけてカルロス宅からスイス〜ドイツ〜フランス経由でブルッセル郊外に
          住むベルギージャズ界の母:Christine 宅へ移動。
          今回は3月9日までChristine宅にガイア一同御世話になりました。
          日本ならばお城と言われても良いぐらい大きなお家なので各自かなりリラックスモード、
          そんな環境の中で新曲用のリハーサルも兼ね、かなり集中的に今後の作戦をメンバー内で練りました。
          この間に、今年7月の次のアルバムのレコーディングも決定して、次々に新曲のアレンジを
          メンバーで言い争いながら進めてまいりました。
          お楽しみに〜!!
          あと、3月7日のNamurでのコンサートで共演したベルギーの若手バンド:Cave Canem!
          要チェック!!
          凄腕!!

          では、続きはヾ(*'-'*)マタネー♪
          | ヤヒロ | 02:33 | - | - | - | - |
          ヤヒロトモヒロより年頭のご挨拶
          0
            皆様
            明けましておめでとうございます。

            モォ〜〜丑年がやってまいりました、四回目の年男、、12年前がついこの前の
            様に感じています。次にやって来る際は、、なんと60歳なんですね〜(笑)

            2008の年末にピエール・バルーツアーが無事終了してから久しぶりにゆっく
            りした冬休みをいただいています。
            かなり時間があったので色々考えたり、整理したり、計画しながら過ごしていま
            した。
            確か12年前の自分の目標は自分から動いて新しい出会いを作り、ユニットやバ
            ンド的な活動を目指していました。振り返ると現時点で活動しているユニットも
            ゆっくりとこの12年かけて作って来た音楽なんだな〜〜
            飽きっぽい性格の自分も少しは成長したな〜〜と感心しました。

            今年も相変わらずな活動になりそうです、
            1月〜2月中旬までは都内でレギュラーメンバーを勤める「鬼武みゆきトリ
            オ」、「ネルビオ」、巨匠!タイロン橋本さんや中村善郎さんとのデュオ、バガ
            ボン鈴木さんとのセッション、ギターの鬼怒無月さんとバイオリン&ヴォイスの
            金子飛鳥さんとのユニット「ユビクトス」、毎年恒例のジロキチでのアボセッ
            ション等のライヴ活動が主にあります。どれも最高!の仲間達とのライヴになる
            でしょう、楽しみです。

            そして2月末から一カ月間はガイア・クアトロの今年一回目(夏にもあるらし
            い?)のヨーロッパツアーが始まります。今回もこの寒い季節にベルギー、ルク
            センブルグ、フランス、イタリア、ドイツ、スイス等を廻ります。

            面白そうなレコーディング活動はスウェーデンで活躍しているウガンダ出身の歌
            姫「Jaqee」のレコーディング・セッションが予定されています。
            ドイツのレーベルの主催で私は初めてのインターネット上での録音になるためか
            なりウキウキしています。凄い時代ですね。。。

            まだ先の事ですが、またもや相変わらずの活動も実行いたします。
            ウーゴ・ファトルーソとのデュオ「ドス・オリエンタレス」、そしてマドリッド
            滞在の盲目ブラジリアン・シンガーソングライター「グラストン・ガリッツァ」
            とのデュオ・ライヴツアーも年内に計画中です。

            残念ながらガイア・クアトロの日本ツアーは今年は行われませんが、ガイアファ
            ンの皆様、、御待ちくださいね〜
            先のプランは自分なりに計画しております、但しGAIA CUATROは、バンドだから
            独り走りは出来ないからこそ2月からのヨーロッパツアー中に話し合うテーマが
            沢山り楽しみです。

            ちなみに年末から正月にかけて読んだ本、歴代のバンドの解散や成功物語に酔っ
            ていました。読書はまだ続いていますが、沢山あるアーティストの名言の中で現
            時点でのヒットは:
            「キング・クリムゾンの基本的な目標は、アナーキーを組織化し、カオスの潜在
            的な力を利用し、さまざまな異なる影響を相互に作用させ、それらの厳密な均衡
            を発見することである」 ロバート・フリップ

            自分の音楽活動にこんな難しそうな哲学が当てはまる経験はガイア・クアトロの
            内部には存在している要素だと気がついたのです、バンドの一員である事は幸せ
            だな〜〜と思っている今日このごろです。。
            ガイア・クアトロの音は譜面を渡されて各パートの演奏をクリアーして楽しかっ
            た楽しかった〜だけの音楽では無いからこそバンドサウンドになるのですね〜。

            長い文章になってしまいましたが、私は相変わらず今年の活動をそろそろスター
            トいたします、
            宜しくどうぞ。

            八尋知洋

            | ヤヒロ | 00:00 | - | - | - | - |